アフィリエイトは稼げないと主張する方に知ってほしいビジネスとしての本当の姿とは?

黒沢です。

いま、人気のアフィリエイト。

アフィリエイト業界では、アフィリエイターの数だけではなく、参入企業の数もどんどん増えていっています。

アフィリエイト広告が成長してきた背景には、2004年以降にブログが普及してきたことと関係があります。

その理由は、アフィリエイト広告がブログと親和性があるからなのですが、それ以外にも理由があります。

この記事では、アフィリエイト広告が急成長してきた背景をあらためて考えてみたいと思います。

 

購入者の購買行動の変化

アフィリエイト広告が急成長した背景には、2004年からのブログの普及があげられます。

ブログとアフィリエイト広告に親和性がある理由は、ユーザーの購買行動の変化が根底にあるからです。

では、ユーザーの購買行動はどのように変化してきたのでしょうか?

今までの購買行動は、以下のようなものです。

① テレビや雑誌、新聞などで商品の興味・関心が芽生える

② ネット検索で関連のある情報を探す

③ 複数の通販サイトで商品の情報を収集

④ 気に入った商品を購入

 

ところが、今現在は比較サイトというものができています。

たとえば、今であれば、格安スマホの比較サイトが人気です。

なぜなら、格安スホマといってもいろいろなサービス提供会社があり、料金プランがあり、オプションがあり、端末があり、とにかく選ばないといけないことがたくさんあるからです。

このように選択肢がたくさんある商品は、比較サイトのほうが便利です。

現在のネット社会は、手軽にネット検索して情報を無料で収集できます。

そのため、ユーザーの「もっと安い商品はないか?」「もっと良い商品はないか?」「絶対に損しないで買い物がしたい」などという心理が働き、商品を比較することが購買行動として当然な振る舞いになっているのです。

また、それに加えて、実際に購入した人が商品の評価を書く口コミサイトに人気があります。

メーカー側の商品に関する情報発信ではなく、ユーザー側の情報発信のほうが、購入検討者にとっては、有益な情報が得られる場合が多いのです。

口コミサイトのメリットはさまざまありますが、僕自身が一番ありがたいなと思う情報は、使用感です。

使用感は実際に使った人にしか分からないので、本当に重宝します。

この使用感というものは、購入検討者の共感を呼び、購入を後押しするほど、強烈な購買行動を促す力となるのです。

ブログの普及で、多くのユーザーが使用感の情報を発信することができるようになりました。

商品の使用感を説明することは、商品を紹介することと同じことです。

口コミサイトやブログなどで使用感を書いて、それを読んだ購入検討者が背中を押され、購入に至ります。

この効果を従来の広告でやろうと思ってもできないのです。

この販売を後押しするような優れた効果をより効果的に使えるのが、アフィリエイト広告なのです。

 

アフィリエイト広告の費用対効果は抜群によい

今までは購入検討者側の視点で考えてきましたが、今度は広告主側の視点で考えてみましょう。

アフィリエイト広告は成約型広告ですので、成約しない限りは広告料であるアフィリエイト報酬を払う必要がありません。

クリック課金型はクリックされない限り広告料は0円です。

つまり、商品が売れなければ、広告料を払わずに済むわけです。

そのため、アフィリエイト広告は、非常に費用対効果の高い広告であると言えます。

成約するごとにアフィリエイト報酬を支払うため、広告にどのくらい効果があるのかが分かります。

当然ながら、広告料を含んだ価格設定にしているはずですから、売上と広告料が比例するわけです。

このように無駄のない広告システムは他にないです。だからこそ、多くの企業がアフィリエイト広告を取り入れているわけですね。

 

企業のWEBサイトへの流入ルートの変化

今までなら、 ある商品に関心があれば、Yahoo!やGoogleの検索エンジンを利用して、キーワード検索をかけます。

そしてヒットした企業のWEBサイトへ訪問して商品を購入することになるのが一般的でした。

ところが、ブログが普及したことや、手軽に誰もがWEBサイトを作れるようになったことから、個人のブログやサイトから企業のWEBサイトへ訪問するユーザーが増えました。

こういう理由から、アフィリエイト広告が盛んになったのです。

もちろん、企業は今までのように検索結果画面に掲載されるPPC広告(リスティング広告)を利用していますが、それだけではなく、アフィリエイト広告を利用することで、よりいっそう見込み客に訴求することができるようになったのです。

繰り返しになりますが、アフィリエイト広告を利用しても成約型報酬ですので、売れた分だけ広告料を支払うだけです。

あらかじめ商品の価格に広告料を含めることで、広告料の計算も簡単にできますし、費用対効果も分かりやすいのです。

企業にとっても、これはものすごくメリットなのです。

 

まとめ

アフィリエイト広告を利用する企業が増えているのは、

① ブログが普及したこと

② 費用対効果を重視する企業が増えたこと

③ 企業のWEBサイトへの流入ルートが変化したこと

④ 口コミや比較サイトが購買の後押しとなっていること

などが挙げられます。

アフィリエイト広告は、広告主にとっても、非常に魅力的な広告形態であるわけです。

アフィリエイトは立派なビジネスです。やる価値は充分にありますよ!!

アダルト物販特化型ブログで稼ぐ方法

アダルト物販特化型ブログで稼ぐ方法

黒沢です。

ブログにご訪問いただき、誠にありがとうございます。
僕が作成したアダルトアフィリエイト教材をご紹介します。

ライバル不在の永遠に廃れることのない超穴場市場を
狙い撃ちした「アダルトアフィリエイト戦略」です。

本教材には、上位表示を狙った記事作成メソッドも
特典として付属しています。

SEO対策に優れ、高額案件を成約しまくる
アダルト物販特化型ブログの全貌を公開しています。