新聞記事に学ぶ特化型ブログの記事の書き方とは?

黒沢です。

特化型ブログは、テーマを絞ったブログを作って稼ぐ方法ですが、それはつまり、ターゲットを絞っていることとまったく同じ意味になるのです。

特化型ブログは、ターゲットを絞りに絞っているので、記事が書きやすくなります。

たとえば、「セックスの悩みを抱えている人」に記事を書くのと、「早漏で悩んでいる人に記事を書く」のとでは、「早漏で悩んでいる人に記事を書く」ほうが記事が書きやすくなります。

なぜなら、セックスの悩みといっても、いろいろな悩みがあるからです。

このように特化型ブログというのは、必然的に記事が書きやすくなります。

それでも記事を書くのが苦手な人がたくさんいますので、今回の記事では、新聞記事に記事の書き方を学んでみたいと思います。

 

ブログ記事は新聞記事を参考にしよう

記事の役割は情報を分かりやすく伝えることです。「伝える」ということが重要になってきます。

伝える記事を書くという意味では、新聞の記事の書き方が参考になります。

新聞の記事は、一番最初に「いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのようなことが起きたのか」ということが書かれています。

ただ通常の事件を伝える記事では、「なぜ」の部分は書かれることがありません。

なぜなら、理由なんて記事を書いた時点では分からないからです。

 

新聞の記事は、見出し、リード文、本文で構成されています。

見出しはタイトルのことで、記事内容を簡潔に表現しています。

また、リード文とは、記事の冒頭に書かれる「本文を簡潔にまとめたもの」で、数行のなかにこの記事で伝えたいことをまとめています。

このように新聞の記事は、読者に伝わるように構成されています。

新聞の記事を見習って、あなたも記事を書くようにすると、伝わりやすい記事が書けると思います。

 

内容を簡潔にまとめたタイトルを付けよう

ブログ記事のタイトルは、上位表示させたいキーワードで構成されています。

したがって、このキーワードを基にタイトルを考える必要があります。そして、タイトルと記事内容は一致させる必要があります。

そのタイトルに関心を持って訪問してくれたのに、そのタイトルとまったく関係のないことが書かれていたら、検索ユーザーはすぐにサイトを離脱してしまうからです。

キーワードから検索ユーザーがどのような情報を知りたいと思っているのか推測しましょう。

キーワードを選定し、そのキーワードから求められている情報を推測し、記事を書くとタイトルと記事内容が一致しやすいです。

 

ブログの書き出し文が読むかどうかを決める分かれ目になる

ブログ記事の冒頭には、これからどのような内容の記事を書くかを書きましょう。

このとき記事の続きを読みたいと検索ユーザーに思っていただく必要があります。

検索ユーザーにこういう内容ならぜひ読みたいと思っていただけると、冒頭文の役割は果たせたと言えます。

検索ユーザーが求めている情報が記事に書かれていなければ、検索ユーザーの時間を無駄にすることになります。

そうならないためにも、ブログ記事の冒頭では、記事内容を簡潔に伝えるほうがよいです。

また、ブログ記事の冒頭で記事内容が分れば、最後まで記事を読んでもらえるというメリットが出てきます。

記事を最後まで読んでもらえると、サイト滞在時間が長くなりますし、広告をクリックされる可能性が高まります。

そのほか、関連記事も読んでもらえる可能性だってあります。

 

ブログの書き出しを工夫するちょっとしたコツとは?

ブログを書きだすときのちょっとしたコツがありまして、それはキーワードを選定したときに、そのキーワードを検索する人が何を求めているのかを考えることです。

記事の冒頭に、検索ユーザーが気になるような内容が書かれてあると、「この記事には私がほしいと思う情報がある」と検索ユーザーに思ってもらいやすくなります。

また、僕は個人的には、ブログ記事というのをある悩みに対する回答であると考えています。

選定したキーワードを検索する検索ユーザーがどのような悩みを抱えているかを推測し、その悩みを冒頭に書いて、そしてその悩みに回答するように冒頭以下を書くようにすれば、最後まで読んでいただける可能性が高いと考えています。

記事の冒頭で悩みをひとつ提示し、それ以下はその悩みに答える文章にすると、よい記事の構成になると思います。

その他の冒頭を書く方法としては、「結論を先に書く」「べつの話題に触れ、本論に入っていく」「疑問を投げかける」などがあります。

・結論を先に書く

今回の記事では〇〇についてお伝えします。

・べつの話題に触れ、本論に入っていく

こういうのが流行っているようですが、〇〇はどうでしょうか?

・疑問を投げかける

あなたは〇〇したことありますか?

 

このように記事の冒頭で検索ユーザーの興味をひくように仕掛けるだけで、記事全体に関心を持ってもらえる可能性が高くなります。

 

記事を書く流れについて

タイトルが決まり、記事の冒頭文を書き終えました。

これから記事の全体を書いていくわけですが、どのような流れで書けばスムーズに書けるでしょうか?

記事を書こうとしてもなかなか書けない方がいますが、こういう悩みを抱えている方の大半の方は、記事全体をイメージできていないことが多いです。

3つぐらいの見出しを考えて、まずは全体像を考えると、スムーズに書けます。

見出しと言っても、きっちり考えるのではなく、このブロックではどのようなことを書くか、その内容を簡潔にメモっておくのです。

「タイトル」

「見出し」

「見出し」

「見出し」

「まとめ」

こんな感じですね。

記事を書くために大切なことは、

① 記事ネタを探す

② その記事ネタを読みたい検索ユーザーはどのようなキーワードで検索するか調べる

③ キーワードを調べながらタイトルを決める

④ 記事ネタとタイトルを参考に文章の全体像をイメージする

この過程をひとつひとつ丁寧に実践することで、記事を書くことがかなり楽になってくると思います。

 

記事ネタの選び方

記事はいきなり書き始めると、うまくいかないことが多いです。

ひとつひとつの作業工程を着実にやり遂げることが重要だと考えています。

記事ネタの選び方のちょっとしたアドバイスです。

記事ネタを選んでいるときに、あなた自身が「へー、知らなかったよ」と思わず思ってしまうようなネタだと、検索ユーザーにも同じように思ってもらえる可能性があります。

芸能ネタでも、あの離婚の裏にはこういうことがあったのか、というのを発見できれば、記事ネタになりますよね。

つまり、ほとんどの方が間違いなく知っているような当たり前のことは記事ネタにはなり得ないということです。

「JRの切符の買い方」では、記事ネタとしては弱いわけです。ほとんどの方が知っているからです。

しかし、「JRの切符を安く買う方法」なら、記事ネタになり得ます。

安く買う方法を知らない人が相当数いると考えられるからです。

「記事は書いていると自然に書けるようになる」とよく言われていますが、その最初の記事が書けない人が多いことも確かなのです。

なぜ記事が書けないのかと突き詰めていくことも大切だと考えています。

アダルト物販特化型ブログで稼ぐ方法

アダルト物販特化型ブログで稼ぐ方法

黒沢です。

ブログにご訪問いただき、誠にありがとうございます。
僕が作成したアダルトアフィリエイト教材をご紹介します。

ライバル不在の永遠に廃れることのない超穴場市場を
狙い撃ちした「アダルトアフィリエイト戦略」です。

本教材には、上位表示を狙った記事作成メソッドも
特典として付属しています。

SEO対策に優れ、高額案件を成約しまくる
アダルト物販特化型ブログの全貌を公開しています。